12年ぶりの邂逅

12年前に、白馬の雪渓を歩いていた時に
偶然会った当時の同じ会社に勤めていた男性を、
今日都内の電車の隣の車両に座っているのを
見かけた。

お互いをよく知った仲ではなかったし、
覚えているかも分からないので、
声はかけなかった。

しかしながら、突然昔歩いた白馬の雪渓を
まざまざと思い出した。
つい最近家で、また白馬にでも行ってみようかなと
つぶやいたばかりだった。

こんな事があるんだと、12年ぶりの邂逅に驚いた!

通勤などでは、同じ人を見かける事は、
日常茶飯事であるが、今日の様な事は初めてであり
驚きである。

初めて会った人と別れる時に、また機会があれば
どこかで会いましょうという事があるが、
やはり有り得るんだ。
話は飛ぶが、江戸時代に、仇討ちのために、
全国を歩き回り、何年も経ってから親の仇を
探し出したという話があるが、本当なんだと思った。

これからも、昔に想っていた人などにも
会う可能性があるのかなと考えると楽しくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください