「山・旅行」カテゴリーアーカイブ

編笠山へ

行こうと思いながら、なかなか行けなかった編笠山にやっと来た。
10年ぶりか?
山頂からの眺望は絶景だった。(富士山も見えている)
以前に来た時の事はあまり覚えていない。その時は今日のように天気が良くなかったのだろうか?

絶景に出会ったせいか、途中休憩した山小屋の前のベンチで、ご夫婦の登山者と2時間ほども話し込んでしまい、下山した時は薄暗くなり始めていた。危なかった。

(写真のご夫婦?は、話し込んだ人とは別人物)

超絶景の槍ヶ岳、穂高連峰

今年の夏も、北アルプスに来ることが出来た。

徳沢にテントを張り、横尾から蝶槍に上がった。
今回は2年前のやり残しの再挑戦だったが、何とか蝶槍まで歩くことが出来た。

やはり蝶槍からの槍ヶ岳や穂高連峰の眺めは素晴らしい。今までの登山人生の中でも、最高の眺望だと思う。苦しかったが歩き通せて良かった。

徳沢では、自分へのご褒美として。

久しぶりの城山へ

今日は、小仏から、小仏峠を抜け、城山まで歩いた。
天気は、快晴で空気はちょっとひんやりで、山を歩くには最高のコンディションで、とても良い山行となった。

城山からの富士山は、とても迫力があり、大きく目の前に迫って来るようであった。いままでこんなに大きく見えたことは無かったような気がする。空気のせいであろうか。

また久しぶりに食べた城山のなめこ汁は、その味は変わらず美味しかった。

(後でブログで調べたら、城山に来たのは、4年ぶりであった。
小仏峠と城山との間の山道は、いつもぬかるんでいる事が多かったが、木の階段などが整備されていた。)

(城山山頂から)

(小仏から)

恥ずかしながら・・・

恥ずかしながら、2023年1月13日に宝島社から発行されたMookに、私の登山の事が掲載された。

このような本に自分の事が掲載されるのは、人生で初めてのことで、これもずっと登山を続けてきたからだと思う。

本のタイトルは、「定年後が充実している人に聞いた、幸せに過ごすコツ」で、サブタイトルが、「後半生も輝き続ける十人十色の生き方から学ぶ」となっている。
充実と言うよりも、ただいろいろ忙しいだけであるが、でも取り上げてくれたことが嬉しいことであった。

この様な本に取り上げられたからには、まだまだ登山を止めるわけにはいかない。(笑)

別荘でキャンプを

裏山から下山後、別荘の裏庭でテントを張り、ソロキャンプ。

周囲には人家はなく、ポータブルスピーカで大音量で音楽を流しながら、のんびりお茶を飲んだり、夕食は、メスティンを使って初めてのご飯を炊いて、カレーだ。

今朝の温度をみると、零下3度であったが、夜が明けると、暖かい日差しが、裏庭に満ち溢れている。

のんびりとお茶を飲みながら、テント、シュラフ、防寒具などを日に干して、すべての道具を車に積み込んだのは12時近くになっていた。

ここは、時間が経つのを忘れていつまでもリラックス出来る場所である。

別荘の裏山を散歩

天気の良い中、別荘の裏山を散歩してきた。
眼下には、村の全体を俯瞰でき、遠くの方には雄大な富士山も見える。

山頂までは、(他人の)別荘からは片道1時間ほどの道のりではあるが、かなりの部分は急登であり、登山の足慣らしとしてはとても良いコースだと思う。

1年ぶりの秘密基地へ

一年ぶりに、丹沢の秘密基地にやって来た。

ここでのんびりするのは、本当に気持ちが安らぐ。
いつもの○○一番味噌ラーメンと、コーヒーでひと時を過ごす。

ここまで来るのは、途中急登が何か所かあり、また最後は笹薮漕ぎがあるので、めったに人が来ない場所で、目の前には丹沢の山並みを見ながらのんびりと過ごせる。

今日はあいにく時間が遅くなり、ツェルトを張る時間がなかったが、無くても暖かく過ごせた。

また来よ~っと

(でも、途中にヒルの軍団がいるので、寒い時期にしか来られない)

赤岳の源流へ

八ヶ岳の秘境に立ち入ることになった。
せっかくなので前日はテント泊をしてのんびり過ごす。

最近は好天が続いているので、良い山行になるだろうと期待してたが、ピンポイントでこの日だけ曇りのち雨となってしまった。
朝だけは、朝焼けであったが、まあ、山の天気はしょうがない。

今まで歩いたことのないような、川底にそって秘境のルートを楽しむ事が出来た。

下山後にまたすぐにテントで横になった。体がとても楽である。
昨日は土曜日とあって、超過密状態のテント場であったが、
さすがに今日はほとんど無人状態に近く、快適であった。

尾瀬の空中散歩

登山の関係で、遭難した自分の場所を捜索してもらえる「ココヘリ」というサービスがあるが、そのヘリコプターに体験搭乗出来る機会に恵まれた。

以前からいつかはヘリコプターに乗りたいと思っていたが、登山の関係で乗ることが出来るとは思ってもみなかった。
どのように捜索しているのかも見ておきたかった。いざ自分が実際にこのサービスを受けることになった時のためにも。

機体は何種類かあるようだが、私が乗ったヘリは、操縦士を含めて4人乗りのとても小さいヘリだった。そのために、ちょっと厚い雲などがあると飛べない事も多いらしい。
だから、遭難するときは、天気の良い日に遭難した方がいいみたい。

幸い天気も回復して、ちょっと雲があったが、眼下の尾瀬の木道などがはっきりと見えた。

ココヘリというのは、登山者が小さな発信機を持っていてそれをアンテナで受信して位置を特定するというものであるが、上空から山の中を見ると、とてもじゃないが、目視だけで遭難者を探すなんてことは不可能に近いと思った。オレンジ色の目立つ大きな布などを振り回すとかしないと発見は難しい。だから登山者は派手な色のウェアが多い。

自分がどのように山を歩き、いざという時に、自分が発見されるために、どのように行動すべきか分かったような気がする。
とても心わくわくする素晴らしい体験フライトであった。
機会があったら、また乗りたいものである。