涼しい!

もう山開きになってしまったが、
涼しさを求めて富士山へ。

久しぶりに新5合目まで行くバスに乗る。
7合目辺りまで歩き、帰りは車を置いてある
いつもの水ケ塚公園まで歩いて下りて来よう。

カメラが!!

霧に包まれた富士山の幻想的な樹林を
撮影しようと、わざわざ天気があまり良くない日を
選んでやって来たが、これからという時に
カメラの電源が入らなくなってしまった。
何てこと!!

カメラは、山の中を歩く事も考えて軽い方を
持ってきたが、2台持って来るべきだった。
残念!!

今日は、車で5合目から1合目まで下りてくる
途中は数m先しか見えないほどの濃い霧に包まれ、
かと言って雨は気にならない程度で、こんな
チャンスは滅多に無かったのに、本当に悔しい。
人生ってこんなものか。

宮古から気仙沼へ

ここまでずっと海岸沿いを走って来たが、
この辺りは北のほうに比べてまだまだ
海岸沿いでの工事が続いている。
震源地が近かったため、海岸沿いの被害も
大きかったのだろうか。

復興工事の規模を見ていると、如何に震災被害が
甚大だったのかがよく分かる。
こんなにも無残に人間の生活基盤を一瞬で
無に帰す自然の猛威に畏敬の念さえ覚えると共に
自然の中に入って行く時は、人間を受け入れて
頂くように祈るしかないと思う。
だから人間は大昔から、山の神様にお祈りしてから
入山するのだろう。

東日本の復興はまだまだ進行形

岩手県の太平洋岸を車で走り、南下して宮古まで来た。
宮古では、昨年と同じホテルに泊まったが、一年前と同様
いまでも宿泊客の8~9割近くは、工事関係者と思われる方々である。

ここまで来る途中の海岸沿いは、1年前に比べて工事をやっているような
個所は少なくなった感じがする。
また1年前にはなかった新しい自動車道路が出来ていた。
(私のカーナビのデータ更新が必要である。)

しかし、状況からすると、工事の場所が、海岸沿いの道路から、
内陸側に移っているだけで、内陸側の小高い土地を削ってならしている
と思われる場所が多く見られた。

昨年も、地元の人も復興はまだあと10年と言っていたが、
やはりその位はかかりそうな気がする。
もっと集中的にスピードを上げて出来ないものかと思う。
出来ない理由を考えないで、出来る方法を考えれば
必ず出来ると思うのだが。

ボランティア活動(復興支援?)

今回は、宿の方に、パソコンを教える機会を得た。
日々の仕事で困っているとのことで、パソコンが使えるようになれば、
とても助かるとおっしゃっていた。

まずは、キー操作がスムーズに出来るように、私が大昔練習した方法を教えた。
私の娘にも教えた方法であり、一週間で必ず効果が出ると期待している。

エクセルが使えるようになるのが、当面の目標であるが、
教える時間が限られているので、最低限の使い方を説明した。
あとは宿題を渡して、テキストを見ながら自習していただこうと思う。
また次に村を訪れる時に、進度を見るのが楽しみである。

昨年来ここ東北に来る時に、何らかの形で復興支援につながる事が
出来ないかと思い続けていたが、パソコンを教えてそれが村の人にとって
役立つのであれば、それも復興支援と思いたい。

以前からボランティアで、パソコンを教えて来たが、
今回は自分にとって、もっとも嬉しいボランティア活動である。
これからもこの活動が、継続、拡大出来れば、ますますこの村に
来ることが楽しみになるだろう。

たまたま昨日のテレビで、最新の研究で、寝たきりにならないためには、
運動だけでなく、それ以上に、人とのつながりがより重要であるとの
驚くべき結果が出たと言っていた。

山歩きとボランティア活動を生涯続けたいと思う。

まったりとした一日

村の宿で、八戸から来たという方と一緒になった。
その方は、中学生の時に遠足でここに来て以来、魅せられて30年位
この村に通っているとのこと。
いまでは、ご家族も年に数回一緒に宿泊もされているとのこと。

でもその方は、この村に来ても、宿の食堂でただ座って数時間を
過ごすことが多いという。また宿のご主人とも長話をして、
帰っていくという。

そんな人もいるんだなあと思ったが、翌朝の客は私一人だったが
気が付いてみると、私も朝食後、室内を通り抜けるさわやかな風に
身を任せながら、飽くことなくぼんやりと外を眺めている自分に気が付いた。

ああ、これなんだと思った。

トレッキングシューズを調達

旅先で靴がダメになったので、盛岡市内で店を探し
なんとか自分の足に合うものを購入した。

誰かさんに、新しい靴に見えないと言われたが
ちゃんとした新品で、ちゃんとしたトレッキング
シューズです。

山の道具では、ザック、レインウェアおよび
靴が三種の神器と言われるが、その中でも
私は、靴が一番大事だと思っている。
この靴には、また10年お世話になるかも知れないので
大事に使わなければ。
よろしくお願いします。

村に着いた

予定通り、無事いつもの宿に着いた。
宿のご家族と再会した。
村に入ると、ひときわ新緑が鮮やかで
村がとても明るく感じた。
またこの時期に来られて良かった。