冬の富士山へ

昨日は、山で知り合った人たちと、冬の富士山を
散歩して来た。
歩行時間は短かったが、地図読みの復習をしたり
ガスバーナーを使ったり、ツェルトでビバークごっこを
したりと、のんびり遊んで来た。

雪はわずかだが積もっていて、また空気は凛として
冷たい中、10日ぶりの雪山山行となった。

今まではほとんど単独登山であったが、グループでの
登山も捨てたものではない。
何の損得勘定もない同好の士は良いものである。

やはり山はいい!

フカフカの雪

今雪山を歩き終え、今日泊まる山小屋に戻って来た。
グループの登山なので、個室に入れて暖かい。
ガイドさんがいるお陰で、一人だと行けないような
誰も歩いていないフカフカの雪の中を、スノーシューを
着けて歩けた。
北海道育ちなのに、こんな雪は初めてである。
楽しい!
また明日も歩く予定である。

動く事が大事

今日の銀座での出来事は、本当に思わぬ再会であった。
3日前から東京に来ていて、明日には村に
帰られるという方にバッタリと出会ったのは、
何という邂逅だろうか。

豊洲に行く前に東銀座に立ち寄るというのは、
明日の予定であったのに、たまたま他の都合の
関係から今日に繰り上げたのであった。

いつも思う事であるが、自らが積極的に動くと、
必ず何か得るもの、良いことがある。
たまには何か予期しない悪いことも起こるかも
知れないが、たいていは良い方向の出来事だった
ように思う。

これからも体が動く限りは、積極的に行動を
起こして行きたいと思う。

田野畑村の人に会ったせいか、無性にまた
村に行きたくなって来た。

豊洲の夜景を

豊洲の屋上からの夜景が良いという事でやって来た。
今日は、築地で昼食、豊洲で夕食の予定であったが
銀座で予定外のアイスクリームを2つも食べて
しまったので、カロリー制限のため、昼食は抜いて、
早めの夕食を摂っている。
この辺りの店は、3時までの店がほとんどのようで
ちょうど駆け込みだった。
値段もちょうど昼食、夕食の2食分だった。
味も良かった。

またも復興支援

東銀座にあるいわて銀座プラザで復興支援を終え、
店を出ようとしたら、
たのはたのジェラートはいかがですか〜という
声が聞こえた。

田野畑村ではジェラートは見かけなかったので
そこに寄ってみたら、なんと奇遇なことに
田野畑村の役場で色々お話して、お世話になった
方が、目の前にいた。
お互いにビックリして、しばらく立ち話をした。

そのまま何も買わずに帰る訳にも行かないので
また復興支援をしてしまった。


ワカメとゆずが入った珍しい、いかにも岩手らしい
ジェラートであったが美味しかった。
復興支援も大変である。

樹齢400年の杉

今まで何度も近くを通っていたのに、
こんな大きな杉があることに気付かなかった。
人間見ている様で、ほとんど何も見ていない事に
改めて思い知らされる。
地図読み山行でもそうであったが、見ている様で
何も目に入らない状態である。
何事も意識を持って見ることが大事だなあと
つくづく感じる。

でも今は暖かく、何も考えずにボーッとしている。

暖かい!

頭高山の麓で、暖かい日差しを受けながら、
のんびりお昼を食べている。
来る人が少ないので、まるで私の秘密基地である。
家から近いところで、私が大好きな丹沢の山並みを
眺めながらゆったりと時間を過ごせるのは、
何と幸せなことだろう。
またここまで自分の足で歩いて来られる事も
幸せな事である。
色々な事、色々な暖かい人達に感謝である。

山行の様子を現地から携帯で投稿したり、日常の生活の中で撮った写真や、徒然なるままに思った事、雑感を投稿。