あら、不思議!

今日は久しぶりに、丹沢へ
西丹沢ビジターセンターから、大棚下棚までを
歩いた。
台風の爪痕が至るところにあった。
いつものコースが、ちょっと変わったりしている。

このコースは、丸太を組んだ橋を何ヶ所か渡るのだが、
私はいつも恐る恐る歩くのが常であった。
今日も最初の2、3ヶ所は、いつも通り歩いていたが、
そのうちいつの間にか平気で歩いている
自分を発見し、驚いた。
意識して歩いてみたら、まったく怖さを感じて
おらず、ルンルン気分で歩けたことに
びっくりした。

今まで長い間山を歩いてきてが、今頃になって、
やっと山に慣れて来たのか!

やはりもっともっと山を歩けと言うことか。

宮沢賢治記念館へ

20数年前にも行ったはずだが、すぐそばまで
来たので、宮沢賢治記念館を訪れた。
記憶に無いので、多分建物は新しくなっているのだろう。
展示方法も他には見られない、とても分かりやすい
配置だと感じた。

この記念館を見ながら、これからの将来、数十年間
このようなある特定の人物の記念館というものが
建設される事があるのだろうか、とふと思った。

宮沢賢治のような、多分野に秀でて、今だに
語り継がれるような人物は、残念ながら全く見当たらない。

不可思議な現象

スマホでなおかつスケジュールのアプリを使っている人は、
経験があると思うが、ホテルを予約すると
その宿泊予定が、自動的にスケジュール帳に
書き込まれる。

今回ある場所のホテルをスマホで予約したら
スケジュール帳に、同じ系列のホテルではあるが、
全く違う場所のホテルに宿泊と、自動的に
書き込まれていた。

しかしながら、予約完了の返信メールは、
私が予約したホテル名のものだけで、スマホに
記載されたホテル名の返信メールは入っていなかった。

これは当然といえば当然。

しかし、気になったので、翌日違った場所の
ホテルに電話したら、危惧した通り、何と同じ日に
2つのホテルが予約されていた。

そのホテルの人には、私のスマホでの現象を説明して
間違っている方の予約をキャンセルしてもらった。
また、何らかのシステム上の不具合がある可能性が
ある事を、ホテル側に伝えた。

私がホテルに確認しなければ、余計な出費を
強いられるところであった。

いろいろな出会い

ここ田野畑村では、いろいろな出会いがある。
今日はたまたま同宿という事で、日本画家の方と
一緒に、私の車で何ヶ所か、スケッチ(撮影)ポイントを回った。
私と同じように、ここ北山崎のヤマセと絶景に魅せられ
たびたび訪れているとの事だった。
レベルはかなり違うだろうが、風景を見る目は
似ているように思うし、話題もかなり共通しており
良い時間を過ごさせて頂いた。

また、大震災前の前に、2年間ここに住んでいた
というご夫婦にも会ったが、ここは観光地化されておらず
絶景もありとても良いところだと、おっしゃっていた。
だからこそ、いまだにご夫婦でここを訪れているのだろう。

この村が好きで何度も訪れている人に会うと
自分の感覚はおかしくないのだと、とても
嬉しくなる。

ふたたび東北へ

また東北へやって来た。
いつもの宿のご主人には、笑いながら
お帰りなさいと声をかけて頂いた。

今まで真夏に田野畑村に来たことは
なかったが、東北も結構暑い。
関東より、やや涼しいという感じだろうか。
敢えて今まで経験していない時期を狙っていたので
これはこれで良かったのだろう。

死の町

東北からの帰途、帰還困難区域である、双葉町と大熊町を
車で通った。
二輪車や歩行者は、この区間は通行不可となっている。

この約十数kmの区間には、原発事故のその後の除染作業などの
人たちのみが働いている。帰還困難区域であるにもかかわらず、
特に防御服のようなものは身に着けていない。

道路沿いの建物は、大震災以降、まったく人は立ち入ることが
出来ず、建物は朽ち果てるままになっており、
まさにゴーストタウンとなっている。
日本の中にこんな場所があるなんて信じられない。

一度でいいから、色々な人にこの場所を見て欲しい。
なぜこんなことになったのか、これからもこのような場所が
作り出される心配はないのか?
その原因となった原発を止めて、クリーンなエネルギーに
置き換えようという考えにならないのか?

喉元を過ぎて、また原発を稼働させようとする考え方が
まったく理解できない。

 

山行の様子を現地から携帯で投稿したり、日常の生活の中で撮った写真や、徒然なるままに思った事、雑感を投稿。