死の町

東北からの帰途、帰還困難区域である、双葉町と大熊町を
車で通った。
二輪車や歩行者は、この区間は通行不可となっている。

この約十数kmの区間には、原発事故のその後の除染作業などの
人たちのみが働いている。帰還困難区域であるにもかかわらず、
特に防御服のようなものは身に着けていない。

道路沿いの建物は、大震災以降、まったく人は立ち入ることが
出来ず、建物は朽ち果てるままになっており、
まさにゴーストタウンとなっている。
日本の中にこんな場所があるなんて信じられない。

一度でいいから、色々な人にこの場所を見て欲しい。
なぜこんなことになったのか、これからもこのような場所が
作り出される心配はないのか?
その原因となった原発を止めて、クリーンなエネルギーに
置き換えようという考えにならないのか?

喉元を過ぎて、また原発を稼働させようとする考え方が
まったく理解できない。

 

「死の町」への1件のフィードバック

  1. ほんとうに!
    兎に角、原発は廃止にしなければ
    ならないと思います。
    力のない私は、ただ原発に反対し、ひたすら、
    優秀な若者が拝金主義に走らず、
    原発廃止を真剣に考えてくれることを
    願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください