復興

半年ぶりに東北を回っている。
海岸沿いの町では、半年前に比べてずいぶんと新しい建物が
増えてきたように思われる。
防波堤もその建設が進んでいる。

以前から思っていたが、あれだけの大津波がまた
やって来る可能性があるのに、なぜ大震災以前と同じ場所に
また建設するのかが、ちょっと理解できずにいた。

漁業の人たちは、海に近いほうが良いのは理解できるが、
それ以外の人たちは、もっと海から離れたところに住むべき
ではないかと、ずっと思っていた。

しかしながら、何度か東北を訪れるうちに、何度津波が来ようと
自分が生まれ育った場所に住み続けたい、津波に負けるものか
という気持ちで住み続けているんだろうなあ、と今回ふっと
思った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください