登山安全管理講座

先日受講した、登山安全管理の講義の概略を、後日のために、
備忘録としてここに掲載し、山に入る時はその都度読み返すこととしたい。

1.登山を安全に楽しむ為に
 ・登山は、命をかけるリスクがあるスポーツである。
 ・中低山の方が、難しい。(コースがはっきりしない、人が少ないなど)

.登山を趣味に、そして登山を考える
 ・自然への畏敬の念や厳しさを知り、大自然を舞台に山と人が関わることで、
  喜びや感動と素晴らしい発見と出逢いがある。
 ・小さな危険(足が引っかかる、バランスが悪い等)に対し、その場でそれを認識し対応する
  小さな行動が必要。

3.ガイド登山
 ・能力を越えた登山をしたがり、事故につながる。
 ・経験が長い人ほど、ガイドを利用している。 
 ・事故は、出動件数3300件/年 うち300人以上が死亡

4.自分の為に楽しむ
  SNSなどにアップして、他者にアピールする為ではなく、自分の為に。

5.登山に必要な事

 ・健康の維持と体力増進(筋力アップ) 継続すること
 (普通のスクワット、四股を踏むようなスクワット、ブルガリアンスクワット、股関節、
  腕立て伏せなど)
 ・天気、地図、地学
 ・登山では、我が出やすいので注意が必要

6.計画と立案
  行きたい山、登りたい山が行ける山ではない。登れる山を考える。

7.自身の登山技術・体力レベルを知る
 ・経験年数ではなく、生涯日数
         1~30日 初心者
        31~300日 初級者
        300日以上 中級者
 ・岩が好き、鎖が好きは、危険。登山を理解していない証拠。アスレチックではない。
 ・体調の維持

8.山が決まったら
 ・情報収集(一般人のSNSなどではなく、山小屋、役場などから)
 ・2~3人のグループが良い。5人は多い。
 ・自分が楽しむのが大切。連れて行く形を取らない(民事の責任問題)
 ・装備、食料
 ・計画書の提出
 ・参考後の振り返りも重要、机上登山

9.歩き方・ステップ

 ・小股でフラット歩行
 ・静荷重、静荷動、一定のペースで歩く

10.ストック
 ・基本は、ストック無しで、バランス歩行を心がける。体力をつける方が大事
 ・雪山、大地のトレッキングには有効(推進力として使う)

11.行動水・行動食
 ・アイソトニック(ポカリなど)は、糖質が多い(6-7%)ので、発汗が多い歩行時はダメ。
  運動前後は、OK
 ・ハイポトニック(Vaamなど)は、糖質が少ない(2-3%)ので、行動中に飲む
 ・栄養補助食品の有効活用
 ・高エネルギー、好きなものを

12.三角巾を使った足のトラブル対処法
 ・三角巾は、軽く荷物にもならず膝痛、捻挫の時に活用出来る。
 ・捻挫の時は、靴は脱がさないで、靴の上からしばる。(最後は、本結びでしばる。)

13.ツェルトで過ごす
  体力の消耗を防ぐのに有効である。(中は暖かい)

以上、心に刻んで山を歩きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください