スズメバチの生態

今日は、三崎口の先の小網代の森で
スズメバチを観察しながら、その生態について
学んだ。
スズメバチは秋が一番狂暴になるとの事で、
これからの山歩きにおいて特に注意が必要になる。
秋以外の時期は、直接巣を刺激したり、巣に近づき過ぎない
限りはあまり心配はない事も聞き、ちょっと安心出来た。

専門の先生に色々な疑問について直接聞けて
即答していただけるというのは、とても嬉しく
楽しい。
いま話題のボランティアの尾畠さんではないが、
自分の興味のある事を、学生気分に戻って
勉強したいなあと思った1日であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください