穏やかな時間

先日、ねむの木学園を訪れる事が出来た。
昨年東京で開かれた絵画展で、感動的な絵画を
目にして以来、どの様な環境の中で生活し絵画を
制作しているのかを見たいと思っていた。
静岡らしい温暖な山里の奥にねむの木村があった。
訪れた日は、あいにく寒風が吹いていたが、
普段はのんびり散歩が出来そうな静かな場所であった。

昨年の絵画展では、同じ名前という事で声を掛けた
男性がいたが、その方にも再会した。
村には茶室があり、たまたまその方がお茶を点てる
日であったので、くぐり戸から茶室に入り、
そこで一対一で、和菓子とお茶を頂きながら、
ゆっくりとお話しする事が出来た。
昨年話しかけた事も思い出してくれた。
本格的な茶室で、お茶を頂いたのも初めてであったが
そこで2人だけでお話しが出来た事も貴重な経験であった。
今までに無いゆったりとした空間と穏やかな時間であった。


土産にその人の描いた絵のマグカップを購入した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。