ご令室から返事が

先日、ご令室とお会いした際に、私の想いをしたためた手紙をご令室に渡していた。
数日後には、ご令室から返信の葉書が届いた。
その葉書には、私の手紙をそのまま、村長さんに送られたということであった。

私の想いとは、ある作家についてより知らしめるために、ある村に設置されている
文学碑のそばに、さらにその作家を紹介するような表示板を立ててはどうかという
提案である。

さらに数日後には、村長さんからお電話があり、私の提案に対して早速会議を開き
検討するように指示したとのご連絡であった。
表示板に書かれる文面については、その作家のご家族の方と相談されるとのことで、
すでに動き出したようであった。
もし私に何か出来ることがあれば協力したいと申し出た。

皆さんの素早い動きと、私の提案への積極的な反応に、大変恐縮するとともに、
実現へ向けて第一歩が踏み出されたことに対して、非常に感動している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。