カテゴリー別アーカイブ: 山・旅行

散策

結局、馬籠宿の散策に5時間かかった。
火災で全てが消失してしまった宿場町だが
どこか懐かしい場所であった。
色々歴史を楽しく、興味深く勉強が出来た。

江戸時代の事に思いを馳せながら、
カメラを持って歩き回ると何時間あっても
時間が足りないくらいである。

馬籠宿へ

今回は登山計画が早めに終わってしまったので
ちょっと足を伸ばして、馬籠宿に行くことにした。

以前から行ってみたいところだったので
カメラを持ってのんびりと散策しよう。

結局帰宅は当初の計画通りになる。

また上高地へ

昨日下山して一晩が明けたが、足の筋肉はちょっと痛いが、
スッキリと起きられる。
ここ数日は山を歩いた後に疲れで眠たくなる事が無かった。

これも山での綺麗な酸素を沢山体に取り入れている
おかげだろうか。

体調が良いと、昨日までの苦しさも忘れて
槍ヶ岳直下の天狗池にまた挑戦をしたくなる。
今度は秋の紅葉時期の逆さ槍ヶ岳の 写真を
撮ってみたい。

感謝の気持ち その2

下山後に溜まりに溜まった洗濯物で、
車の中があまりにも臭いので、松本のコインランドリーで
洗濯をした。
説明を見てもやり方が非常に難しく、間違って操作し
1回目はお金を無駄にしてしまい、2回目にはちゃんと
動かすことが出来て、洗濯物を畳んでいた。

その時に50近い女性が、私と同様に説明を見て
戸惑っていたので、
私がお金は崩して硬貨でなければダメとか、
お金の入れるタイミング、蓋の締め方、ボタンの押す
タイミングなどを全て教えてあげた。

その最中に、その女性の知人が入ってきて、
その人に、これは中温で良いよねとか色々話していたが、
私がまだそばで洗濯物を畳んでいたのに
私には何の一言も、会釈もなくその知人の女性と
一緒に店を出て行った。

たまたまその女性と話していたために
礼を言うのを忘れたのかも知れないが、
私は唖然としてしまった。

別にお礼を言って欲しくて、助けてあげた訳ではないが、
助けて上げたことによって、非常に不愉快な
気持ちにさせられた。
今の世の中、誰かが困っていても助けて上げなければ
良いのかも知れない。

でも見ていられなくて、また助けてしまうだろう。
そしてまた釈然としない気持ちになるのだろうか。

横尾まで下る

逆さ槍ヶ岳が写るという天狗池までの誘惑を
振りほどき、横尾まで下りてきた。
後は林道をひたすら歩くだけ。

目の前の穂高が素晴らしい。
台風もそれたようで、きっと天狗池にも
素晴らしい槍ヶ岳が写っている事だろう。
次回のお楽しみに取っておこう。

小さな危険

山に入る前に、登山安全講習を受けたが、
今回の自分には非常に役立っていると思う。

講習で「最初の小さな危険に注意」と言われたが、
今回はどうもいつもの体調と違っている。
言われた事を何度も思い出し、当初の登山計画を
大幅に変更した。

たまたま出発の前日の講習であったが、
偶然に感謝するとともに
何事も学ぶ事は大切だと痛感した。

このまま無事下山が出来るようにしなければ。