コロナ禍中の登山

コロナ禍の中、登山においても、いろいろと登山様式が変化している。

登山中は、今まではグループで歩くときは、前後の人との間隔は、
1m程度であったが、いまは山岳界では、4mとの基準が示されている。
4mという距離は、結構大きい間隔で、お互い話もあまりできない。
また、登山による事故対応で、医療体制をひっ迫させないように、
自分の登山の技量レベルよりも、1段低いところを歩くことも
求められている。

 

山小屋などにおいても、街中と同様にアルコールによる消毒はもちろん
ソーシャルディスタンスがとられている。

 

いままでに比べて、不便なこともあるが、快適なこともあった。
それは、ソーシャルディスタンスを確保するために、山小屋の宿泊客の
人数が制限され、いままでであれば、盛夏の最中であれば、一畳の畳に
2人が寝るなんて当たり前であったが、いまはそれが大きく変わり
とても伸び伸びと横になれた。

この日の山小屋では、20人部屋に、宿泊したのは合計5名であった。

しかしながら、山小屋の経営を考えると、お客さんの数が激減し、
大変な状況だろうと思う。

 

一日も早くワクチンが開発され、ウイルスを気にせずに生活が出来ることを
願うばかりである。

コメント