琴線に触れる

今日、数年ぶりにフジコ・ヘミングのピアノリサイタルを
聴くことが出来た。
もうご高齢になられたが、まだまだお元気であった。

人によっては、彼女の演奏はおかしいという人もいるが、
いまだに世界のあちこちで演奏を続けられ、
受け入れられている。

私が、20年前に彼女の演奏を初めて聴いた時、
それまでに聴いたことのない、心地良さ、私の心の中に
すっと入って来る音楽にたちまち魅了された。
同じ曲目を、別の何人かの人の演奏と聞き比べたが、
他の演奏家の音は角があるような音で、自分とは波長が
合わなかった。

それ以来、クラシックと言えば、いつも彼女の曲を聴いている。

これから先、まだ生演奏を聴ける機会があるかどうか
分からないが、彼女にはこれからもまだまだ素晴らしい音を
届けて欲しいと思う。

年末に、素晴らしいリサイタルを聴くことが出来て
良かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください