カテゴリー別アーカイブ: 雑感

雪だらけ

スノーシューをレンタルして、雪の中を
八甲田山手前の赤倉岳までピストンして来た。
流石にその先は危険な匂いが一杯だったので、
おとなしく引き下がった。
こんなに雪の中を歩き回ったのは、50年ぶりか。
50年と言うことは、半世紀!!!

でも体で覚えたことは、いつまで経っても忘れず、
なんの恐怖感も無かった。
とても不思議だ。

良い思い出が出来た。

再び八甲田山へ

昨年の秋には、八甲田山の紅葉を堪能したが、
今年は雪山を歩く機会がまだ無かったので
八甲田山の雪を堪能しようと思い立ち、
バスタ新宿で青森行きのバスを待っている。

ところが、待合室の席は満席で全く一つも空いていない。
仕方なく通路の隅にちょっとした座れる場所が
あるので、そこに座っている。
一瞬今日は週末かと考えてしまった。

なぜ週末でもないのにこんなに乗客がいるのか?
自分はなぜこのバスに乗るのかと考えると
寝ながら目的地に行く事が出来るからである。
それと料金も安い。

周囲の服装を見ると、ビジネスマンらしき人は少なく
ほとんどが旅行者のように思われる。
日本はやはり平和で裕福なのだろうか。

景観第一

今日村長さんとお話をさせていただいた。

私が希望した事は、自然の景観を損ねる
という理由から、実現しないこととなったようである。

吉村昭の名声および村の魅力を知らしめるために
私のアイデアを提案させていただいたが、
景観を損ねるというのであれば、多分吉村昭も
それは望まない事だと思うので、致し方ない。

人口の減少、旅行者の減少に歯止めをかけるために
村の関係者は日々努力されていると何度も
耳にしている。

どんどん積極的に手を打って欲しいと
思っている。

村に着いた

予定通り、いつもの宿に到着した。
ちょうどご家族の方々が昼食後だったようで
お茶を頂きながら、色々お話をさせていただいた。
まるで私も家族の一員になったような気分で、
自分の故郷に帰ったようで不思議な感じであった。
いつもすんなり受け入れていただき、感謝である。

ご主人からは、今後の事についても色々お話を頂いた。
これもとても有り難く、嬉しく感謝である。

盛岡から宮古へ

宮古へ向かう電車の中で昼食。
東京駅でお弁当を買っておいて、正解だった。
盛岡駅では、直ぐに山田線に乗り換えだったので
昼食を買う時間の余裕はほとんど無かった。

雪の中を走っているが、太平洋側のせいか
思ったほどの積雪ではない。
地元の人の冬の服装も、東京の方とほとんど
変わらない。
北海道と同様室内は暖かいのか。


ふたたび憧れの地へ

ここしばらくいろいろな用事が続き、
中々思うように動けなかったが、
やっと今日また村を訪れる事が出来る。

今回は車ではなく、新幹線で行く。
接続時間がかなりタイトで、乗り換え駅で
のんびり買い物ができないほどである。
モタモタしていられない。

昨年は、春、夏そして秋にこの村を訪れた。
今回は厳しい冬に行くので、上っ面だけではあるが
一応春夏秋冬の村の様子を知ることになる。

春夏秋とはまた違う村の顔を見られる事を
期待している。

今回は、村長さんにもお会いして、作家吉村昭の件で
進捗状況をお聞きしたいと思っている。
私の願望が少しでも実現に向かって進んでいる
ことが分かれば、こんな嬉しい事はない。

パスケースの落し物

今朝ホームで電車を待っていたら、
目の前の若い男性の足元に、Suicaが入った
パスケースが落ちていた。

本人はスマホをいじっていて、全く気付いて
いない様子だった。

すぐに声をかけて、本人は拾い上げたが
ストラップのようなものでベルトに付けていた。

1ヶ月ほど前にも、若い女性のパスケースが、
改札口を通ってすぐにバッグの取手から外れ落ちたが
本人が気付かず、教えてあげた事があった。

大事なものを、外側にぶら下げて歩くというのは
私としては心配でしょうがない。
若い男性が、よく沢山のキーをブラブラ、
ジャラジャラさせているが、落ちないか
気になってしょうがない。

最近革で作ったパスケースを、何人かの人に
差し上げたが、どうか落とさないようにして欲しい。

ボランティアで写真撮影へ

今日は、2回目の写真撮影のボランティアである。
大雄山の近くでの自然観察会の様子を撮影する。

最初のボランティアは、
カワセミについての講演会で室内ということもあり、
ちょっと心配であったがなんとか評価していただき
ホームページ にも掲載されホッとしている。

今日の撮影は2時間も早起きしなければならないが、
前回の撮影結果をおだてられ、引き受けた。
人を動かすには、やはりおだてるのがかなり効果が
あるようだ。
丹沢方面に行くとなると、やはりテンションが上がる。

今日は、8km位歩くようで久しぶりの歩きだが
何とかなるだろう。