山での贅沢な風呂

槍沢ロッジには、風呂があった!
三日ぶりの風呂で、ふた汗を流しスッキリした。
湯加減もちょうど良く広い浴槽で、贅沢な
時間である。

風呂から上り体重を測ったら、山に入る前と
ほとんど変わっていない!!

燕岳に登る途中で、山のガイドさんがメンバーの人に
言っていた。
「山では、糖分、塩分、水分が大事。
山でダイエットはしないように。」

だから体重が減っていないんだ。

無事槍沢ロッジに到着

1時頃には、予定の槍沢ロッジに到着した。
足が思うように動かず、かなり時間がかかった。
しかし元々写真を撮りながらの予定なので
想定内か。
まだ槍ヶ岳の姿は拝めていない。
明日も曇りの予想なので、上には登らず
上高地に下ろうかと思っている。

いざ上高地へ

木曜日あたりから台風の影響が出そうという事で、
昨日は予定を変更して、燕山荘から中房温泉に
下った。
昨夜は沢渡駐車場で車中泊。
今からバスで上高地へ向かう。
昨日はザックがかなり重たかったので、
かなり荷物を減らした。

登山の安全管理講座を受講

ちょうど北アルプスに向かう前日に、
八ヶ岳で登山ガイドをされている方の
安全管理講座を受講する機会があった。

初心に戻って、山に対して畏敬の念を持ちながら
安全に山を楽しむ事の大切さを改めて認識させられた。
歩き始めの小さな危険に注意を払う事の
大事さも学んだ。

別の機会に講義の要点を整理し、備忘録として
アップしておこうと思っている。

明日から寒い北アルプスに行って来ます!

明日から恒例の山籠もりに入ります。
大まかな行程は、以下の通りですが、天候次第で変わります。
北アルプスの表銀座コースと呼ばれる、ポピュラーなコースです。

燕山荘からのメール情報によると、燕岳山頂の気温は、
お昼でも17℃とのことで、寒さ対策が必要なようです。

10数年前に歩いたコースを、今回は3脚を持って、1日の歩行時間は、
3~4時間位に設定し、ゆっくりのんびり雄大な景色を眺めながら
写真撮影を楽しもうと思っている。
カメラの電池が準備したバッテリで持つかが気がかりであるが。

1日目:穂高泊
2日目:燕山荘泊(中房温泉の登山口から、燕岳を目指す)
3日目:大天井ヒュッテ泊
4日目:ヒュッテ西岳泊
5日目:槍ヶ岳山荘泊
6日目:槍沢ロッジ
7日目:上高地、松本へ

笑顔は魔力

ある店で私が用事を終えて店を出る際に、
応対していただいた女性から、暑いので気をつけて
お帰り下さいと、笑顔で見送って頂いた。

最近特に思うが、心のこもった?笑顔には
魔力があると思う。

たとえ相手側に何かちょっとした不手際があっても
笑顔はそんな些細なことを吹き飛ばしてしまい
こちらも笑って許してしまうような
寛容な気持ちを抱かせる。

それは決してこちらが男だからと言う訳では無いと思う。
多分女性が女性から笑顔を見せられたとしても
悪い気はしないだろう。

またこれも最近経験した事であるが
相手の方が男性で、こちら側の面倒な話に
耳を傾けて頂き、最後に笑顔で
またいつでもおいで下さいと言われた。
本当にまた行きたくなってしまう。

世の中いろいろとぎすぎすしていても、
笑顔というものは、険悪な状況すら
氷解させてしまうような力があると思う。

感謝の気持ち

用事があり都心まで来て、地下鉄に乗っていた。

ある駅で車椅子に乗った若い女性が降りた。
その駅の駅員さんが、ホームと車両の間に板を渡していた。
その女性を見ていたら、その駅員さんには一瞥もくれず
当たり前のように、そのままさっさと降りて行った。

これは何だ!と思った。

その女性にとっては、毎度のことで当たり前の事に
なっているのかもしれない。
あるいは何らかの事情があったのかもしれない。

でも一言発しなくても、会釈でもいい、何らかの
感謝の気持ちを表す姿勢があってもいいのでは?

改めて自分に置き換えてみた。

自分が相手に対して何かをして感謝されると
自分が嬉しくなるし、また逆もまた然りだと思う。

それが人の習慣になると、この世の中生き易く
なるのだろうなあ。