久しぶりの富士山

久しぶりに富士山を歩いている。
下の方は、うっすらとまだ雪が残っている。
気温は零下にはなっておらず、歩いていて
ちょうど良い。
ピンと張りつめる冷たい空気の中
雪を見ながら歩くのは、やはりテンションが上がる。

家族のような宿

今回もいつもの宿に宿泊した。
寒い時期で泊まり客が少ないせいもあるかも
しれないが、とてもアットホームな、
家族団らんで話をしているようである。

今朝は、泊まり客は私1人だったこともあり
ご主人の方から、またしばらく会えないから
一緒に朝食をしましょうと言ってくれた。
奥様も一緒で、3人での朝食であった。

旅先での暖かいもてなしは、ますますその土地が
好きになる。

とても嬉しかった。

景観第一

今日村長さんとお話をさせていただいた。

私が希望した事は、自然の景観を損ねる
という理由から、実現しないこととなったようである。

吉村昭の名声および村の魅力を知らしめるために
私のアイデアを提案させていただいたが、
景観を損ねるというのであれば、多分吉村昭も
それは望まない事だと思うので、致し方ない。

人口の減少、旅行者の減少に歯止めをかけるために
村の関係者は日々努力されていると何度も
耳にしている。

どんどん積極的に手を打って欲しいと
思っている。

村に着いた

予定通り、いつもの宿に到着した。
ちょうどご家族の方々が昼食後だったようで
お茶を頂きながら、色々お話をさせていただいた。
まるで私も家族の一員になったような気分で、
自分の故郷に帰ったようで不思議な感じであった。
いつもすんなり受け入れていただき、感謝である。

ご主人からは、今後の事についても色々お話を頂いた。
これもとても有り難く、嬉しく感謝である。

盛岡から宮古へ

宮古へ向かう電車の中で昼食。
東京駅でお弁当を買っておいて、正解だった。
盛岡駅では、直ぐに山田線に乗り換えだったので
昼食を買う時間の余裕はほとんど無かった。

雪の中を走っているが、太平洋側のせいか
思ったほどの積雪ではない。
地元の人の冬の服装も、東京の方とほとんど
変わらない。
北海道と同様室内は暖かいのか。